企業情報

ごあいさつ

岩下 民江

代表取締役 岩下 民江

平成18年に、当初3台の焼成機と4名の社員で西日本一のモナカ工場を目指しスタートしました。日頃、私たちが口にしているアイスモナカは、どこか脇役の存在。けれども、実は完成するまでには想像以上の手間と時間を掛けなければ、あの味を味わうことは出来ないのです。

大量の生地を斑なく練り上げるには男性の手で、その後、大きな焼成機に流し込み、ゆっくり焼き上げ出来上がったモナカを手に取り、良品か不良品かに見極めるのはほとんどが女性。機敏な動きの中にも、繊細なモナカを優しく扱わなければ直ぐに壊れてしまうのです。

スタートから10年余り経過した今、私たちは西日本一ではなく、日本一のモナカ工場を目指し次なるステップを踏んでいます。モナカを安心して食べて頂くためにも、先ずはHACCP取得に向け、基本である2S活動を通し、整理・整頓は基より、衛生知識も身に着ける努力を日々行っております。

一方では、モナカを楽しんで食べて頂くためにも、全社員の様々な意見、味や色や食感、見た目など聞き取り、商品開発にも力を入れております。どこにでもあるかもしれませんが、私達にしかつくれないモナカ、これからはモナカにこだわらず、ここでしかつくれない世界一のお菓子づくりの工場を目指し努力し続けます。

株式会社イワシタフーズ

代表取締役 岩下 民江

Page Topへ